短大選びのコツ

大学生

後悔しない選び方とは

高校を卒業して進路に迷っている人の中には、短期大学への進学を検討している人も多いと思います。どの短期大学に行くか、選び方に迷っていませんか。まずは、短期大学で本当に良いのかを確認しましょう。コンピュータなど実務的なことを学んだり、トリマーなど、手に職をつけたいような人であれば、短期大学よりも専門学校が向いています。また、卒業論文をじっくり書いて学問を究めたい人は、4年制大学のほうが向いています。短期大学へ進学する人は、卒業論文を書くほどに学問を深めるつもりはなく、できるだけ社会には早く出たいけれど、学びたいことは確かにある、という人が向いています。短期大学では、保育士資格などが取得できる大学が多くあります。このように、取りたい資格が明確であれば、4年も費やしてそれを取得するより、最短ルートで取得できる短期大学が向いている場合もあります。その場合、大学ごとに設置されている、学部、専攻を入念に確認しましょう。希望する学部が見つかれば、その短期大学のホームページから資料を請求し、資料をよく読みましょう。本当にこの短期大学で自分のほしい資格は取得することができるのかなどを、しっかり自分で読んで確認します。このような、学びたいことが学べる大学、ほしい資格が取れる大学は1つしか見つからないとは限りません。複数見つかるはずです。通学距離や大学の雰囲気などを考慮して、自分に最も合った大学がどれかを選び、受験に臨みましょう。大学のシラバスを検索したり、オープンキャンパスに行くと、より大学ごとの違いが明らかになります。